株式会社ヤチネン

保安サービス

トップページ > 保安サービス

保安とは

お客様の安全を保つためのものであり、お客様のお力になれるものだと思っております。

法令で定められた保安業務の内容

①供給開始時点検・調査

当社のガスのご利用開始時にガス漏れや器具の状況を確認し、安全にご使用いただくための点検を行います。

②容器交換点検

ガスボンベ交換時にボンベ近辺の確認をします。

③定期供給設備点検

4年内(設備によっては6ヶ月、1年、2年)ごとにボンベ近辺やメーターなどのガス設備の点検を行います。

④定期消費設備調査

4年内ごとにガス器具(コンロ、給湯器等)の安全確認を行います。

⑤周知

定期的にガスを安全にご使用いただくためのご案内をさせていただきます。

⑥緊急時対応

ガス臭い、ガス警報器が鳴っているなどの緊急を要する事態に迅速に対応します。
ご連絡ください。
【24時間対応】
※③、④は法律で定められたものなので必ず実施します。
ご協力をお願いいたします。

ガスが使用できないとき

長時間のガスの使用や、大きな地震などにより、まれにガスメーターの安全装置が作動し、ガスが止まってしまう場合があります。
その場合でもガス漏れなどの異常がないかぎり、お客様ご自身でメーターを復帰してガスを使えるようにすることができます。

メーターの復帰手順
(1)メーターの液晶画面を確認してください。


■止まっているとき

(2)すべての元栓を閉めてください。
(3)復帰ボタンを押して約1分間お待ちください。

※この間はガス機器を使わないでください。メーターがガス漏れがないかを確認しています。
※メーターの種類により、復帰ボタンの位置が多少異なります。
(4)約1分後、異常がなければABCの表示が消え、安全に使用できます。
※復帰ができなかった場合は、当社へご連絡ください。

緊急時の対応

    ↓
028-622-9728(24時間対応)
ヤチネン担当者の指示に従ってください。
安全確認が済むまでガスは使用しないでください。

災害時の対策は・・・

地震のときは

揺れがおさまってから元栓を閉め、揺れが大きかったときは屋外のボンベのバルブも閉めてください。

火災のときは

ボンベのバルブを閉め、消防署員または消火にあたる人にボンベの位置を知らせ、後の処理を頼んでください。

台風・洪水の恐れがあるときは

ボンベのバルブを閉め、ボンベが倒れたり流されたりしないか、しっかりと固定されているかを確かめてください。
※電気のブレーカーも落としてください。
※異常があった場合は至急、ヤチネンまでご連絡ください。
※再びガスを使う際やご不安なことがある場合もヤチネンまでご連絡ください。
※その他、災害時に当社からご連絡させていただく場合がございます。

特に雪の多い地方の対策

容器バルブの閉め方

災害のときに容器バルブを閉めることは、二次災害の防止にも役立ちます。容器バルブを閉めるときは、時計と同じ「右」に回すと閉まります。